【30代は変化の年代】基礎化粧品で柔軟に対処する

笑顔

便利な基礎化粧品

容器

肌には乾燥肌などが見られるため、スキンケアをしていかなければなりません。そのため用いたいのがオールインワンゲルです。これ一つある事でスキンケアになるのです。なぜなら、これには化粧水、美容液、乳液があるからです。

人気のオールインワン

両手

敏感肌など肌が弱くなっている場合には、メディプラスゲルなどのオールインワン化粧品を使うなど工夫するとダメージを減らすことができるようになります。今後は肌へのダメージが少ないメディプラスゲルのようなオールインワン化粧品がメインになると予測されます。

シルクを使用した美容液

化粧水

然の美容液には、シルクエキスとプラセンタエキスが配合されています。高い保湿効果があり、使用すると潤いのあるしっとりした肌に改善されていくそうです。活性酸素の生成を抑える効果もあり、シミやシワのできにくい健康的な肌を保ちます。

20代の頃とは違うこと

美容液

何が重要となってくるか

20代の頃に使っていた基礎化粧品、これからもずっと使い続けていいものか、少し疑問が出てきます。それは年齢とともに肌の質が変わってきているのにお手入れ方法、道具だけは昔と同じでは、肌質と合わなくなってきてしまうからです。30代になると体の様々な変化が訪れます。疲れが取れにくくなった、夜更かしができなくなったなど、それと同時に肌が衰えたなと感じる人は多いと思います。細かく言うと今まではなかったはずのシミできた、笑った時のほうれい線が消えないなどです。30代になったら、基礎化粧品の見直しが必要です。肌の深部まで潤いを届けるコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった成分の配合されている基礎化粧品を選ぶように心がけましょう。

自分にあったものとは

シミがひどいからシミ消しを使うという対処法ではなく、肌の質そのものが変わっているのですから、肌の基礎ケアから改善することで、肌の若々しさを保つことが可能なのです。30代を過ぎると肌のターンオーバーが乱れがちです。そのため、ターンオーバーが正常になるように整えてあげることが、綺麗な肌になるための一番の近道です。肌のターンオーバーを整えるためには、保湿が重要です。今、世の中には数多くの基礎化粧品が出回っています。天然成分でできた化粧品、肌質ごとにラインが分かれている化粧品など様々ですが、どれが自分に合うかは試して見なければ分かりません。基礎化粧品選びに悩んだ時には、30代向きの高保湿化粧品を選んでみるのも良いでしょう。ドラッグストアや百貨店などではサンプルを配布していることもあるので、活用してみてください。